HOME>特集>売上債権は現金化するなど流動化しないと資金繰りに影響します

企業の資金繰りを良くする方法

ファクタリングとは、企業などにおける売掛債権を流動化し資金繰りを良くする取引です。売上の決済に手形を受け取った場合、期限まで保管しておくことや裏書譲渡や銀行などで割引いて流動化しますが、この場合、手形の振出し先が倒産した場合には、その債権の肩代わりする責任義務がでてきますが、この取引で手形を振出した企業が倒産しても肩代わりしないでよいとイメージすれば良いでしょう。つまり、売掛債権を第三者である債権を買い取る専門業者に譲渡するという取引です。しかし、貸倒などの危険がなくなる分、銀行などで割り引いてもらう場合などに比べ費用がかかるというデメリットがあります。

売掛債権流動化のメリット

ファクタリング取引方式のメリットとしては、キャッシュフローが良くなることです。つまり、資金繰りが良くなります。企業は、売上先から支払を受けるまでに仕入れや人件費などの支払いが発生すると資金が不足してしまいます。これを避けるためには金融機関から借入をするなどの手当をしなければなりません。しかし、ファクタリングを利用すれば、企業の資金が不足することは少なくなります。

売掛債権流動化のデメリット

ファクタリング取引方式のデメリットは、手数料です。貸倒などの危険が売掛債権を買い取る専門業者に分散させるわけですから、その分手数料が銀行で割り引くより高価になります。また、売掛債権買取専門業者は当社とも売上先とも関係ないのですから、売掛先の承諾を得るための交渉に時間がかかる場合があります。こうした条件を良く確認し取引をする必要があるでしょう。

広告募集中